calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

今年のスキーザック、スイッチ36

Switch 究極のワンデイツアー用スキーザックを求めて、今年も新しいザックを購入してしまった。オスプレーのスイッチ36である。ツアースキーで常に身につけるものがザックだ。毎年のように新しいザックを購入するのだが、帯びに短し、たすきに長しで、なかなかこれというものが見つからない。私がツアースキー用のザックに求めることは、ショベルやプローブなどの必要な装備が効率よく収納でき(もちろん取り出しやすくなければならない)、スキーが取り付けやすいということだ。また、シンプルで軽量、何よりも背負いやすくなければならない。

オスプレーのスィッチ旧モデルにはかなり心を動かされたが、なにせ重すぎた。ハイドレーションシステムがサブザックとして取りはずせたが、そんな使い方をすることは考えられなかった。そんなわけで一昨年はモンベルのパウダーショットバッグ30、昨年はBCAのSTASH ALP40をメインのザックとして使った。

モンベルのパウダーショットバッグは、アバランチグッズが効率よく収納でき、スキーの取り付けも簡単で、かなり私のニーズにあっていたが、容量が少し足りなかった。それに、自分の体にうまくフィットしなかった。昨年使ったSTASH ALP40はナルゲンのボトルに対応したハイドレーションシステムと、チューブがショルダーベルトに組み込まれて凍結を防ぐことが売りだった。しかし、ザックの厚みがなく装備や食料があまり入らなかった。これも背負い心地はいまひとつだった。

今年のスイッチはかなりよさそうだ。旧モデルと較べてかなり軽量化されている。スキーの取り付けもAフレームとダイアゴナルの2通りの方法が可能だ。ゴーグルやヘルメット、アバランチグッズなどの装備の収納が効率的で、アプローチもしやすい。店頭で実際に試してみたが、背負い心地がとてもよい。気になるのはショルダーベルトがザック本体と一体化していて、荷が重いと後ろに引っ張られそうな点だ。こればっかりは実際に使ってみないとわからない。

とにかく使ってみるのが楽しみである。


コメント
コメントする