calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

3/13 室津はもう春(兵庫)

Imgp5344

先週末は雨の中を無理して出かけ、風邪をこじらせて病院に行くはめに。この土曜日も前線の通過で、いつ雨が降りだすかわからない。雨ならあっさり諦めるのに、中途半端な天気には困ってしまう。迷ったあげく室津に行くことにした。天気の様子を見て、艇庫に預けてあるリジット艇でちょい漕ぎできれば上出来だ。

Imgp5332

空一面に雲が広がっている。自宅を遅めに出た。途中で小雨が降り始める。艇庫のある大浦海岸に着くころには雨はあがったが、空気が霞んでいて家島諸島も薄っすらとしか見えない。黄砂の影響だろうか。とにかく元気の出ない天気だ。艇庫近くの梅林をぶらぶらと散策する。満開近くなっていてきれいだ。

Imgp5336

雨が降りそうな感じもないので、昼前になって艇庫からリジット艇を取り出す。ウェアを身につけ、さあ行こうかという段になってスプレースカートを忘れてきたことに気がついた。天気ばかりが気になって、装備のチェックがおろそかになっていた。このところ忘れ物ばっかりだ。波もそんなにないので、用心して漕ぐことにする。

Imgp5337

君島まで往復することにした。君島なら近くまで岸沿いを漕いでいける。海に浮かぶと少し元気がでてきた。やっぱり海はいいもんだ。スプレースカートがないと足元がすーすーして寒い。南から波長の長い小さなうねりが入っている。洗面器の中の水がゆっくり揺れるような感じのうねりだ。こういう波は室津では珍しい。

Imgp5340

君島が近づいてきた。いつもは島の東側に釣り筏が設置されているのだが、今日は撤去されている。素っぴんの君島も久しぶりなので、島の周囲をぐるっと回った。そのまま対岸の金ヶ崎に戻り、浜に上陸した。浜に寝転がって30分ほどのんびりとした。一人でこんな時間を過ごすのが好きなのだ。小さなサーフが浜に打ち寄せていた。

Imgp5342

戻ることにした。後ろ向きにカヤックを水に浮かべる。カヤックに跨がり、腰を降ろした瞬間に波がきてひっくり返り、水の中に尻餅をついた。ついカフナやウィスパーの感覚で乗り込もうとした。私のリジット艇は乗り込む時少しグラグラするのだ。しかもこんな日に限ってドライスーツを着ていなかった。パドリングパンツの中に水が染み込む。

Imgp5346_2

気を取り直して再出艇した。赤松鼻を目指して真っすぐ湾を横断した。やや波が大きくなっていた。斜め後方からの波で船を回される。ショアラインは波の中での操作が楽しい船だ。ウィスパーと似た感じなのだ。追い波で大浦海岸まで楽に戻れた。時間が早かったので、防波堤の内側で少し練習した。2時に浜に上がる。このころになってようやく良い天気になってきた。

Imgp5347

暖かくて梅どころか桜でも咲きそうな陽気だ。もうすっかり春だなあと思う。そろそろ遠出の季節かな。


コメント
コメントする