calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

レイクルイーズクロスカントリー(CA)

2005年の年末、カナダのレイクルイーズで遊んだ。スキー場の外にクロスカントリーに出かける。テキストは当時の文章をそのまま載せています。

2年連続でカナディアンロッキーにスキーに行った。カナダのスキー場には「えっ、ここがスキー場の中?」と思うような場所がいっぱいあるが、今回は奥さんと2人でスキー場の外に少しだけ足を伸ばしてみた。

カナダのスキー発祥の地といわれるスコーキーロッジ。いつか泊まってみたいと思うのだが、予約を取るのが難しそうだ。今回は、レイクルイーズスキー場からそのスコーキーロッジに行くコース途上にあるボウルダーパスまで往復した。
レイクルイーズのバックボウルにあるテンプルロッジ脇から針葉樹の森の中に入る。今にも雪が降り出しそうな天気だが、人がよく入っているので、不安感はない。うっすらとトレースが残っていた。視界のきかない森の中をしばらく歩くと右手に岩山が見えてきた。

岩山の下は平原状になっており、ところどころポールも立っている。ハーフウェイハットが小川の向こうに見えた。そこからボウルダーパスまでは大きな岩がごろごろした中をくねくねと登っていく。峠まで上がると、広々とした雪原のターミガン湖、そしてディセプションパスが見えた。誰もいない静かな峠で昼食を食べた。

帰りは往路をたどった。自分たちがつけたトレースの上を快調に滑った。途中、スコーキーロッジに向かう何組かのグループとすれ違った。革靴に細いテレマーク板の人が多かった。こちらの人はこうやって気軽にツアーを楽しむのだろう。


コメント
コメントする