calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

4/1 悪雪に苦しむ、戸隠BC(長野)

春のテレマーク旅も今日が最終日。午後には滋賀に帰らなければいけない。勝手知ったる戸隠スキー場周辺のサイドカントリーで遊ぶことにした。

夜の間に雪が薄っすらと積もっていた。スキー場でゲレンデトップまでのリフト券を購入。リフトを乗り継いで瑪瑙山まで上がる。今日もガスで視界がない。適当な場所からウラヤマに入った。見た目はきれいな雪面だが、その下はガリガリの雪。慎重に滑り下りる。木立が樹氷になっていてきれいだ。

開けた斜面に出た。飛び込むとひどい雪で、転ばずに滑るのがやっと。ボトムで振り返ると奥さんが撃沈していた。この時期に良い雪を期待するのが間違っていると痛感する。

ここからは雪原を横切り、小さな尾根をいくつか越えて高デッキへと向かう。傾斜もそれほどなく、ウロコ板のまま歩く。滑れなくても、森の中をウロウロするだけでも楽しい。

高デッキの登りだけシールを装着した。雪が多く、灌木が埋まっていて登りやすい。すぐに高デッキ山頂に着いた。お正月に来た時は雪が少なく登れなかった。さて、どこを滑ろうか。雪の良さそうな北面の尾根を滑ることにした。ブナ樹林の素敵な尾根だ。

ところがここもひどい雪だった。プルークすらままならない。表面は硬いが、踏めばずぶっと沈んで板をコントロールできない。ズリズリの斜滑降で横移動し、樹間の広いところでプルークでターンする。板はよく滑るのでスピードをコントロールできずに転んでしまう。哀しい超初心者状態だ。奥さんも苦労している。景色は最高なんだがなあと悪態をつきながら下った。

このままずっと下っていくと戸隠牧場まで行ってしまうので、適当なところで左へと方向を変えて下った。見覚えのある沢にぶつかる。この沢を横切り、対岸の尾根上に上がればスキー場までトラバースできるはずだ。ただ、雪が多くて沢の地形が変わっている。いつもより下方で沢を横切ってしまった。そのため対岸の尾根を少し登り返すはめに。

なんとかいつものトラバースラインに戻り、斜めに滑りながら移動すると、樹間からゲレンデの一部が見えてきた。緩い傾斜の尾根を滑ってスキー場へと続く林道に出る。そのまま林道を歩いてスキー場のボトムに戻った。予定より時間がかかり、すでに午後1時頃になっていた。

アゼリアに立ち寄り、会計を済ましてから帰途に着いた。北陸を西へとひた走る。奥さんは助手席で居眠りをしている。こんな貧乏旅によくつき合ってくれたもんだと感謝。暗くなる直前に小屋に戻り、荷物も整理することができた。雪は最低でも、よい旅だった。


コメント
コメントする