calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

8/27 内外海半島と志積の湾(福井)

朝から快晴、久しぶりに良い天気だ。うねりの中、小浜の海を漕いだ。

早朝、小屋を出る。途中の田園地帯は霧で覆われていた。志積の港には8時前に着いた。カフナを降ろし、浜から漕ぎだす。湾奥の志積でも少しうねりが入っていた。最初の岬、和田戸崎の先端あたりでは岩礁に北西からのうねりがぶつかって波立っている。ここからうねりを乗り越えながら、内外海半島を目指すのだ。

波長の長いうねりなので怖さはないが、定置網を避けて岩礁のある岸近くを漕ぐとややこしい。ラダーを出そうとするとラダーが下りない。ラダーを上げ下げするロープがプーリーから外れていた。弱ったなあ、またチェックミスだ。上陸して修正しようにも浜がないし、岸沿いはうねりが当たって近づけない。

このまま漕ぐかと諦めかけた時、北向きの小さな浜を見つけた。うねりがもろに打ちつけている。うねりの合間になんとか上陸してラダーを直した。再び漕ぎだして、お隣の宇久湾との境にある小騮ノ鼻へ。ここから宇久湾の出口を横断すれば内外海半島の東岸だ。

うねりの当たらない東岸沿いを七蛇鼻まで漕ぐ。やっと落ち着いて漕げる。七蛇鼻を西に回り込むと、またうねりが当たって海がざわつく。でも老人礁近くの目的の浜が見えてきた。滝の落ちている浜だ。ここでキャンプできないかと下見に来たのである。浜はちょうどうねりの当たらない奥まったところにある。

渡船で渡ってきたのか、釣り人や潜って貝を採っている人がいた。上陸して休憩。キャンプするにはちょっと狭い感じだった。帰路につく。七蛇鼻から真っすぐ小騮ノ鼻へと渡った。帰りは岩礁帯を避けて少し沖合を漕いだ。時々、大きなうねりがカヤックを押してくれる。

西のほうを見ると若狭少年自然の家の建物が見える。せっかくだから志積や田鳥の湾を偵察しようと思った。バウを東に向ける。横からのうねりを乗り越えながら進むと少年自然の家。ここから湾の東岸沿いを南下した。いくつか浜があった。湾奥には田鳥の棚田も見える。

適当な所で湾を再び横断し、奈胡崎、矢代崎を経て志積の港へと戻った。まだ正午を少し回ったところだった。久しぶりに20kmほど真面目に漕いだので指に豆ができてしまった。このところちょい漕ぎばかりで手のタコもすっかりなくなっていた。

気になっていた浜を訪ねることもできたし、満足して小屋に戻った。いつも琵琶湖ばかりでは飽きてしまう。小浜の海は小屋から40分ほどなので軽トラで気楽に来れる。徐々に身近な場所になってきたのが嬉しい。カヤックの潮抜きは面倒だが、やっぱり海は楽しい。


コメント
コメントする