calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

2/4 箱館山山麓の森でXCスキー

日曜日、箱館山山麓の森で奥さんとクロカン散歩をした。森が雪で覆われ、倒木や藪が雪に埋まった時しかできない。

先週の大雪から一週間、雪はかなり減ったが、まだ森は雪に覆われている。土曜日は屋根からの落雪で埋まった薪棚を掘り出す作業をしてから、久しぶりに箱館山スキー場に滑りに行った。

小屋前からステップソールの板でスキー場まで歩いていく。雪の積もった林の中はどこでも歩ける。動物の足跡を横切って歩いた。

駐車場だけ板を担ぎ、ゴンドラでスキー場に上がった。この日は晴れ間と雨や雪が交互にやってくるへんな天気。湿気の多い雪でゲレンデを滑っていてもあまり楽しくない。

クロカンコースを一通り歩くことにした。スノーシューのグループと遭遇。ガイドの方が「テレマークですね。僕もやってます」と声をかけてくれた。

2時間ほど遊んで下山。翌週はかなり強い寒気が入り、大雪になる予報だ。大雪に備えて薪棚や小屋周りの除雪をしておく。さらに2日分くらいの薪を雪のかからないところに移しておく。先週の 夕方、奥さんが小屋にやってきた。

日曜日、快晴だ。夕方くらいから雪になるらしい。奥さんと小屋周辺の森をクロカンスキーで散策することにした。普段は藪や倒木でできないのだ。

放射冷却でカチカチになった雪面、しかもクロカン板ではなだらかな斜面でも制御が難しい。できるだけ傾斜の緩い場所を探しながら歩く。それでも雪の上を自由に歩き回れることが楽しい。

2時間ほど森の中をウロウロして小屋に戻った。夕方からは雪の予報だ。しかも月曜からはまた大雪になるみたいだ。薪を取り出しやすい場所に運び、屋根からの新たな落雪に備えて地面の雪をならしておく。

夕方、予報通り雪が降りだした。このまま降り続けば、翌朝には雪に閉じ込められて仕事に行けない可能性が強い。予定を早めて薄暗くなった頃に小屋を出て、神戸の自宅へと車を走らせた。

来週はまた雪の後始末で苦労しそう。楽しみも多いが、苦労も多い、湖西の冬。


コメント
コメントする