calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

2/25 シンバが行方不明に

近くの里山に遊びに行った時、愛犬のシンバが行方不明になった。短いつきあいだったと一時は諦めかけた。

春のような暖かい日が続いていた。小屋周辺の森など雪のかけらもない。雪を求めてマキノの山歩きをすることにした。もちろんシンバも一緒だ。スノーシューを軽トラの荷台に放り込み、シンバと目的地に向かう。マキノスキー場近くの西山林道だ。

獣避けのゲートをいくつか通過し、西山林道の最高地点に着いた。少しだけ雪が残っている。寒風へと続く西山歩道を歩き始めた。歩道に雪はまったくない。高度を上げるにつれ雪が増え始めた。尾根に上がり切ったところでスノーシューを装着。

歩き出した時、シンバの姿が見えなくなった。いつものように辺りをうろついていて、そのうち戻ってくると思っていた。ところがいつまで経っても、戻ってこない。大きな声で何度も名前を叫んだが、まったく気配がない。支尾根に足跡を見つけて辿ってみる。ところが雪が切れ、そこから先は追跡ができない。

「シンバ!シンバ!」と呼びながら周囲を探したが、一向に戻ってこない。埒があかないので名前を呼びながら先に進んだ。寒風への登山は諦め、スキー場に下る径を下った。スキー場には西山林道の入り口がある。この林道をたどれば軽トラの駐車場所に戻れる。

シンバの名前を呼びながら林道を歩いた。反応はまったくない。いったいどこに行っちまったんだ?おっちょこちょいな奴だから、崖から落ちて歩けなくなっているのかもしれない。麓のスキー場や警察に捜索願を出すしかないのか?でも首輪もつけていないしなあ。軽トラを停めた林道の最高地点が近づいてきた。

峠手前の最後のカーブを曲がる。軽トラが見えた。シンバが荷台のシートの上にいた。こちらの姿に気づき、「ピーピー」鳴いている。安堵のあまり叱る気にもならず、戻ってきたことをほめてやった。後に動物病院のお医者さんから「猟犬などは主人とはぐれたら車に戻る」と教えてもらった。シンバは猟犬ではないが、本能的に行動したのだろうか。

軽トラでスキー場へと下った。そのまま小屋まで戻るつもりだったが、ふと知り合いが近くで農家民宿を始めたことを思い出す。立ち寄るとご主人がおられた。宿に入れてもらい、見学をさせてもらった。質素だが清潔で居心地のよさそうな宿だった。1時間ほど茶飲み話。

小屋に戻ってから今日の一日を振り返る。シンバに首輪くらいはつけておくべきだったと反省。

*新たなカテゴリー「迷犬シンバ」をつくりました。

コメント
シンパ君、利巧ですね。
以前、私の犬も山で見失いましたが、やはり車に戻っていました。帰巣本能が働くのでしょうかね。
  • nishidakingo
  • 2019/03/14 11:35 AM
いつもはつかず離れず行動してくれるので油断していました。動物の匂いなどの誘惑に極端に弱く、まだまだ修行が必要です。でもどこにでもつき合ってくれる良き相棒なのです。
  • ts
  • 2019/03/15 8:14 PM
コメントする