calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

増殖する遊び道具に悩む

Img_3360
 昨年の大晦日

今年もあとわずか。このところ休日も住居関係の野暮用で自宅から離れられない。冬旅を前に大掃除も兼ねて、隙間の時間で遊び道具の整理を始めた。ところがこれが大変だ。


9/23 栗拾い異変、そして秋に(兵庫)

Img_0968

秋分の日は恒例の栗拾いだ。いつものように職場の仲間と丹波の山里に出かけた。例年ならこの時期、大きないが栗が地面を覆いつくしている。ところが今年は落ちている栗が異様に少ない。


酷暑の週末の過ごし方

Imgp1494

暑すぎる。この日曜日は京都で午後3時に39.9℃の気温、アウトドアを楽しむどころではない。せっかくの休日だが、午前中はカヤックの補修などしてまったり過した。夕方、涼しくなってから奥さんと自転車で近くの海浜公園へ。夕暮れの海を眺めながらの夕涼みもいいもんだ。


冬の日の楽しみ、自転車通勤散歩

Img_0220

職場がわりと遠い。電車を乗り継いで一時間半ほどかかる。満員で座れることは稀だが、本を読んだり、愛用のザウルスで週末の記録をまとめたりする貴重な時間だ。職場の最寄り駅の駐輪場に自転車を預けてあり、駅から職場まで2kmちょっとの自転車通勤である。バスを使うよりは時間短縮できる。


映画と本と無駄遣い

ほぼ毎週、外遊びを楽しんでいる。次はどこに行こうかなと考えているうちに一週間が過ぎていく。無理して出かけているわけでもなく、そうしたいから出かける。しかし、この週末は天気もいまひとつ。おまけに中途半端な時間に用事が入っていて、外遊びはお休みだ。久しぶりにゆっくりと、普段の休日にできないことができた。


カヤックとインフルエンザ

秋になって新型インフルエンザの感染がじわじわと広がっている。つい3カ月ほど前、私の暮らす地域は新型インフルエンザで大騒動だった。学校はすべて休校となり、通勤電車の中ではほとんどの人がマスクをしていた。咳でもしようものなら、周囲からの視線が痛いほどだった。パニックにも近い状況だったのだ。


中古Zaurusを購入したが・・・

先日、中古のZaurusを購入した。このブログの原稿はほとんどが通勤途上にZaurusで書いたものだ。愛用していたSL-C860は実験機として使っていたのでメモリも満杯状態で、メールを開くたびに「ファイルの断片化」のメッセージが出るようになっていた。おまけにバッテリーも弱っていて、Bitwarpで通信をしようものならすぐにバッテリー切れだ。


これからのシーズン

今年のスキーシーズンを終えた。乗鞍あたりに行けばまだ滑れるのだろうが、山を自由にうろうろするようなツアーはもうできない。これから年末まで雪を想いながら過ごすのだ。一年中できる遊びではなく季節限定のものだから、テレマークの旅には余計に思いがつのる。でも雪のない季節に来シーズンはどこに行こうかなと考えるのもいいもんだ。


気になること

岐阜白川村の日照岳で山スキーヤーが遭難したというニュースを先週の半ばに知った。3月1日に単独で日照岳に登ったまま戻ってこないという。岐阜県警や山仲間による捜索が行われたが、まだ見つかっていない。どうも遭難した山スキーヤーはガイドツアーで何度かご一緒した方のようなのだ。日照岳には私も昨年1月に単独で登っていて人ごととは思えない。それに彼が日照岳に入山した日、私はすぐ近くの山で呑気にツアーをしていたのだ。無事を祈るばかりで、何もできないことがもどかしかった。重い気分でこの週末を迎え、気分を変えたいと土曜日は地元兵庫の氷ノ山に一人で入ったが、ツアー中もこのことがずっと頭から離れない。暖かい場所に戻ってこれるように、なんとか見つかってほしいと願っている。


雪の便りに思う

関西もここ数日急に寒くなった。白馬や北海道からは初冠雪の便りが届いた。GW以降はカヤック三昧の生活で、このブログもいっそのことkayakstyleと名前を変えたほうがふさわしいような感じだ。でもこうして雪の便りが届きだすと、なんとなくそわそわしてしまう。どんなにシーカヤックに入れ込んでも、ベースは山歩きであり、テレマークなのだ。考えてみれば、自分のシーカヤック旅は山歩きみたいだ。山を歩くように海を歩いて(漕いで)いるのだ。

続きを読む >>

<< | 2/4PAGES | >>