calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

レイクルイーズクロスカントリー(CA)

2005年の年末、カナダのレイクルイーズで遊んだ。スキー場の外にクロスカントリーに出かける。テキストは当時の文章をそのまま載せています。


マウントクック3(NZ)

いよいよ下山の日だ。セスナのランディング地点まで山のような荷物を背負ってタスマン氷河を滑る。


マウントクック2(NZ)

夜が明ける。風が強く、雪も降っている。今日は停滞だ。食事をし、時々トイレに行くだけの一日。トイレは小屋の外にあり、ガスに閉ざされた周囲の山々をながめては、ため息をつく。一週間近く待機してやっと入山できたと思ったら、また停滞。


マウントクック1(NZ)

2004年8月、NZのマウントクックへの旅。タスマン氷河源頭部のハットに泊り、周辺の氷河を滑った。テキストは当時の文章をそのまま掲載しています。


NZのクラブスキー場を訪ねて3

夜はロッジの2階のバーで、ビールを飲んだり、本を読んだりしてゆっくりと過ごした。ロッジは国道からかなり離れた山の中にあり、出かけるような場所もないのである。他の宿泊者たちも会話を楽しんだり、カードゲームをしたりとそれぞれにくつろいでいる。どの人が客で、どの人がスタッフなのかよくわからない。


NZのクラブスキー場を訪ねて2

リフト乗り場に着いて驚いた。一本の太いロープが上に向かって伸びているだけだ。どこにもゲレンデらしきものはない。目の前に広がっているのはただの山だった。上に行けばゲレンデがあるのかもしれないと思い、リフトに乗ることにした。ロープトゥと呼ばれるリフトだ。ずっと昔、乗鞍高原で短いロープトゥを経験したことがあった。ここのは斜面がずっと急で、しかも途中でロープが屈曲している。


NZのクラブスキー場を訪ねて1

2002年、NZのスキー文化に触れる旅。NZのクラブスキー場に一週間滞在した。スキートリップというより、ホームステイの英語研修みたいだった。テキストについては当時の文章をそのまま載せています。


新カテゴリー『追憶の旅』を追加

ブログの移転を機に、websiteのほうも終了しました。ずっと更新もできていなかったのです。その代わりに、このブログに『追憶の旅』というカテゴリーをつくり、websiteに載せていた山旅やテレマーク旅の記事のいくつかを移していくことにしました。テキストについては当時の文章そのままです。なにぶん10年以上も前の記録ばかりですから、あまり参考にはなりません。ぼちぼちやっていこうと思います。


<< | 2/2PAGES |